プラーナ

ヨーガとプラーナと霊性

投稿日:

エクササイズとして人気のヨーガですが、日本で見かけるヨーガはヨーガ体操とでも言うような、ヨーガのエッセンスのごく一部を取り出したものです。

ヨーガは本当はもっと深いものです。そんなヨーガの話をお伝えします。

なお、ヨーガはヨガと書かれることも多いですが、どちらも同じものです。

 

ヨーガとは

ヨーガという名前は、サンスクリットで、「牛馬にくびきをつけて車につなぐ」という意味の動詞「yuj」から派生しました。

この「牛馬」は、制御しにくい自分の心のことです。「くびき」とは、家畜を車につなげてコントロールするための器具のことです。

この言葉の通り、「制御しにくい心を自分自身で思い通りに制御する」ための修行法がヨーガなのです。

ヨーガ・スートラ

ヨーガの経典「ヨーガ・スートラ」の冒頭に、ヨーガとは何かが書かれています。

YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.
ヨーガとは心の揺れを止滅させることである。

この一文で、ヨーガの全てを表しています。

心の揺れを止滅させる

「心の揺れを止滅させる」とはどういうことでしょうか?

少し言い方を変えると、「心が揺れなくなる」と言えると思います。

心のありようのことを性格と言い、性格とはある外部の状況に対する、思考・感情・行動のパターンの集まりです。

心が揺れると言うのは、外部の状況によって思考・感情・行動が揺れ動くことを指しています。

ですから、「心の揺れを止滅させる」とは、状況に支配されず、思考・感情・行動という心の作用を自らがコントロールするということです。

ヨーガとインナーチャイルド

ある状況で、どう感じるかは、その人次第です。

同じ状況でも、ある人は何も感じないかもしれないですが、ある人はネガティブに思い、感情が乱れるかもしれません。

インナーチャイルドを抱えた私たちの心のは、人にどう思われたか。相手はどうしてくれるだろうか。などと他者のことを気にしています。自分の心も自分自身でコントロール出来ず相手任せです。

インナーチャイルドセラピーや心理カウンセリングなど、心理学のゴールは自律することです。

自律とは、自分で考え、自分で感じ、自分で行動する。そして、その責任を自分が取ることです。他者に流されること無く、自分の意思で歩くことです。

インナーチャイルドセラピーだけでは、完全なる心の制御までは出来ないので、ヨーガ程の先を目指してはいません。ですが、自律を目指すインナーチャイルドセラピーと、心の揺れを止滅させるヨーガはほとんど同じ目的を持っています。

苦しみというのは、心の揺れであり、インナーチャイルドが作り出す幻想です。ヨーガの目指すところは、仏教の「さとり」と同じように、苦しみから抜け出し本当の幸せを手に入れることなのです。

ハタ・ヨーガ

ヨーガと言うと、エクササイズとして知られている、身体をリラックスさせたり筋肉を柔軟にするストレッチ風のヨーガを思い浮かべる方が多いと思います。

これらはハタヨーガというヨーガがベースとなっています。

このヨーガは、ストレッチ効果による柔軟性の向上やストレスケアなどに焦点が向けられていますが、ヨーガの本当の目標は「心の揺れを止滅させる」ことであり、そのための方法としてハタヨーガはあみ出されました。

ハタヨーガは、体に流れるプラーナというエネルギーの流れの滞りを取り除き、プラーナがより微細で力強く流れることを目的としたヨーガです。

プラーナの流れを修正することによって、ヨーガ本来の目的である、心を自在に制御して思い通りに生きることを目指しています。

ですから、プラーナの理解の無いヨーガは、ヨーガ体操、またはストレッチと言って良いでしょう。

プラーナ

人の体にはプラーナというエネルギーが流れています。

プラーナは生命エネルギーと訳されて、人の健康に深く関わるエネルギーです。

その流れが強く淀みない状態のとき、人は心身ともに健康でいられます。流れが弱くなると、流れの滞った部分に痛みや、障害、病気を引き起こします。

ハタヨーガはストレッチによる筋肉の弛緩だけでなく、プラーナの流れの滞りを取り除くことで、心身の不調を取り除くものです。

また、プラーナには流れの強さだけでなく、プラーナ自体の格式があります。

プラーナの格式が高まると、より微細なエネルギーへと変化します。

プラーナと霊性

プラーナは人の体だけでなく場所にも物にも存在するエネルギーです。すべてに霊性があるのと同じように、すべてにプラーナが存在しています。そして、霊性と密接に関係して、相互に影響しあっています。

格式の高い霊性には格式の高いプラーナが宿り、格式の低い霊性には格式の低いプラーナが宿ります。

プラーナに敏感な人では、「なんだか分からないけど心地良い」「この場所はなぜか嫌」というようにプラーナを通して、場所や人の霊性を感じる方もいるようです。

何らかの原因で霊性が下がればプラーナの流れも淀みます。プラーナが淀めば、淀んだところに障害を引き起こし痛みや病気などの症状を現します。

ヨーガと霊性

プラーナと霊性は相互に影響しあっていますので、プラーナの流れを良くすることによって、霊性にも良い影響を与えることが出来ます。

霊性という言葉はヨーガの経典には出てきませんが、霊性という言葉を使うと、ハタヨーガとは、プラーナの流れの滞りを取ることによって霊性を高めるための修行方法と言うことが出来ます。

ハタヨーガのほかにも、プラーナヤーマ、クンダリニーヨーガ、ラージャヨーガなど、様々なヨーガがありますが、その目的は心の揺れを止滅させることであって、霊性向上なのです。

ご案内

1

  私たちは日々何らかの苦しみを感じながら生活をしています。 ...

2

日月のあかりでは、霊性向上についてお伝えしています。霊性向上とは霊性を ...

3

現代社会は精神世界のことなど、見えないもの・分からないもの・証明できな ...

4

ご予約・お問い合わせ レッスンは埼玉県所沢市にて行います。 ご予約・お ...

-プラーナ

Copyright© インナーチャイルドセラピーと霊性の日月のあかり , 2017 AllRights Reserved.