霊性

輪廻と霊性

更新日:

生と死を繰り返して転生すること。これを輪廻・または輪廻転生と言います。

今の日本の常識では、死後の世界は無いと思っている人が常識のある人なのだと思います。

世間の常識が真実だと思っている方には、輪廻については特に受け入れにくい内容かもしれません。

しかし、私が昨年インドに行ってみて、インドでは輪廻があると考えることが当たり前なのだと感じました。

常識とは、時と場所で変わるものです。常識にとらわれず柔軟な頭で読んで下さい。

 

仏教における輪廻

仏教の思想は輪廻があることを前提としているのですが、お釈迦様は死後の世界についてあまり多くを語ってはいません。

それをもって、お釈迦様は輪廻の存在を否定していると考えている方もいるのですが、お釈迦様は輪廻のことを否定も肯定もしていません。

今でもインドに行くと分かるのですが、インドでは輪廻があるのは当たり前のことなのです。日本人の常識が輪廻は無いと考えるのと同じように、インドでは輪廻があると考えることが常識であり、有るか無いかを説明するまでも無いのです。

たぶん、お釈迦様の時代もそうだったのでしょう。ですから、輪廻の有無をお釈迦様が言うまでもありません。

しかし、お釈迦様はいたずらに死後の話をすることを避けていたと考えられます。輪廻とか死後の世界という見えない未来を考え不安になるより、今この場で出来る修行をしなさいと説かれています。

未来というのは不確かです。その分からないものを、あれこれ考えるのは不安を感じたくないからです。

不安というのは恐れを抑圧したインナーチャイルドがもとになっています。恐れを感じたくないから不安を使う。その不安を感じたくないから、安心するために未来を知ろうとする。

インナーチャイルドの訴えに従った行動にエネルギーを使っても効率的ではありません。

そんなことよりも、今ここの一点に生命を集中させて生きることが最高の生き方なんだよ。とお釈迦様は言いたかったのではないかと思います。

輪廻と霊性

さて、輪廻に話を戻します。

輪廻とは、今生きているこの世界と、死後の世界が存在していて

生まれる → 死ぬ → 生まれる → 死ぬ

このように、生と死を繰り返しながら転生をしていることを言います。

輪廻の目的

では、何のために、生と死を繰り返しているのでしょう?

何度も繰り返し述べていることですが、人は霊性を高めるためにこの世に生を受けました。

肉体を持ってこの世に生まれ、霊性を高め、やがて肉体から離れ帰っていく、そしてまた霊性を高めるためにこの世に生を受ける。

生まれる → 死ぬ → 生まれる → 死ぬ

この繰り返しは、霊性を高めるためのものです。

死後よりも生きている間のほうが霊性は高めやすいようで、霊性を高めるために再びこの世に生を受けるのです。

そして、霊性を高め、肉体を離れていく、この輪廻のループは解脱まで続いていきます。

解脱(げだつ)

解脱という言葉も、聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。

解脱とは輪廻の人生を繰り返しながら霊性が高まり、これ以上輪廻する必要が無くなるまで霊性を高めた状態のことを言います。

十分に霊性が高まり、再び霊性を高めに生まれてくる必要が無いので、輪廻のループから脱するということです。

肉体を失っても、魂の人生は続く

仏教では人生のことを生死と表現することがあります。生死というと生きている間だけで無く、死から再び生まれるまでの間を含めた広い範囲となります。生と死を繰り返し霊性を向上させるのが人の人生(生死)なのです。

人生が死で終わりになって「無」になると考えると、生きることはとても虚しいものになってしまいます。

しかし、死んで肉体を失っても、魂の人生は続きます。

死で全てが終わるなら、罪を犯しても死んでしまえば関係ないのですから、刺激や快楽に走ってしまうのも当然かもしれません。現代社会の全体的な無気力感は、死んだら終わりという、無信仰の社会常識が影響しているように思います。

しかしながら、死んでも霊性向上の人生は終わりません。すべてを捨てたいと自殺しても、自暴自棄になって霊性を下げるようなことをしても、死ですべてが終わるわけではありません。

霊性を下げる行為をすれば、下がった霊性を持って輪廻の人生が続くのです。

死後よりも生きている間のほうが霊性は高めやすいのですから、高めやすい今、霊性を高めないのはもったいないことです。

この世の命が尽きるまで出来る限り霊性を高める。そして、輪廻する必要が無くなるまで霊性を高めることが、生死を含めた人間人生の目的なのです。

-霊性

Copyright© インナーチャイルドと霊性の日月のあかり , 2017 All Rights Reserved.